注文住宅の建築費用を安く抑える方法

注文住宅の建築費用を安く抑える方法

住宅を建築するときは、その人が生きている間で1番お金がかかるとも言われています。
通常は30,000,000円から40,000,000円位するケースが多く、東京都内であれば土地の値段がもっと高いため23区ならば50,000,000円以上することも少なくありません。
それでいながら、それほど大きな住宅を建築できないわけです。
注文住宅を建築するにあたり、建築費用は大きな問題になりますが土地を所有しているかいないかによって大きく変わるのは間違いありません。
もし所有しているならば、建物だけの費用を用意すれば良いことになりますが、このときの平均的な金額は24,000,000円位と言われています。
これを基準として、そこまでお金を貯めることができるのかそれとも住宅ローンを組むのかなど決めておいた方が良いかもしれません。
後は、必要に応じてレベルアップ等を図っていきましょう。
例えば、外壁にお金をかけたいならば、そこの部分にお金をかけるようにするのが良いかもしれません。
ただあまり勢いでお金をかけていると、注文住宅ローンを組んだ場合の毎月の返済額が大変なことになってしまいます。

省エネ性に優れた注文住宅を建てるなら補助金制度の活用を

自由設計の注文住宅では、建物の外装や内装をはじめ、室内の間取りや水まわりの設備、さらには外構部分のエクステリアに至るまで、住まいのあらゆる部分をオーナーの希望通りにプランニングすることが可能です。
もちろん省エネ性に優れた注文住宅を実現することも、それほど難しいことではありません。
いわゆる省エネ住宅と呼ばれるこのタイプの住宅は、高断熱で高気密そして日射遮蔽に優れ、エネルギー消費が少ないのが大きな特徴です。
その上、太陽光発電システムなどのエネルギー発電設備によって、創エネ化を実現しているタイプの省エネ住宅もあります。
ただしこのような省エネ住宅を建てるには、それなりのコストがかかるのも事実。
そこで国や自治体では省エネ住宅の普及を促進すべく、様々な補助金制度を用意しています。
例えばエネルギー消費量のゼロ収支を目指したZEH住宅の支援事業では、条件を満たすことで一戸あたり55万円の支給が可能。
さらに次世代ZEH+実証事業になると、前述の条件に加えて、蓄電システムやV2H充電設備、あるいは燃料電池や太陽熱利用温水システム、または太陽光発電システム(10kw以上)のいずれか1つを採用することで、一戸あたり100万円の支給を受けることも可能になります。

注文住宅に関する情報サイト
理想の注文住宅

注文住宅を建てるには会議が重要です。 担当者と直接話をすることで、具体的なイメージを共有し家族の趣味や趣味を知ることができよりスムーズに家を建てることができます。バーベキューができる屋上庭園を作りたい、居間を階段吹き抜けにしたい、ウォークインクローゼットが欲しい、維持してほしいなどの設備や間取り図の要望少しコストダウンして年末までに完成させてほしい、経済的タイムリーな要望などさまざまな意見を伝えるだけでなくユニークなアドバイスを直接聞くことができる貴重な場所です。

Search